~恋愛小説R18・オンライン小説・イラスト・コミックの感想とご紹介~


Cocktail Break      

大人の女性のロマンチシズムとエロチシズムを快く刺激する、恋愛小説R18などすてきなオンライン小説、
イラスト
コミックを、有名無名、年齢制限あるなしにこだわらず、はっちの感想を添えてご紹介してまいります。
女性向きですがBLはありません♪

検索からいらした方は作品のジャンルや傾向・R指定などを Top  やGuide でセレクトしてからどうぞ~ 左側の    Menu_2   もご利用ください♪

Entries

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一万ヒット御礼企画  中 世 炎 上


 瀬戸内 晴美 

STORY:
中世、鎌倉時代。突然の内裏の火事。燃え広がろうとする炎の中から「おんかたわ」と人に噂され、立つことも話すこともできなかった幼くも貴い主を助け出す一人の若い女房。火事の後ようやく立ち喋ることができるようになった主に、彼女は乳母のように献身的に仕え、元服の折には新枕の役も勤めるが、正妃の入内を機にその元を辞す。女房はやがて、他の男の妻となり、ひとり娘を設けるが若くしてこの世を去る。
譲位を余儀なくされ鬱々とした日々を送っていた主が、かっての恋人の忘れ形見を、ぜひにと願って手元に引き取ったのは彼が19歳、娘がわずか4歳の時だった。
権力者である主の庇護の元、彼を父とも兄とも慕って過ごした無邪気な子ども時代は、娘が14才のある夜、唐突に終わりを告げる。寝所に忍んできた主は、怯える娘をかき抱き、自らを光源氏、娘を紫の上になぞらえてきた積年の思いをぶつけ、我が物にしようとする。驚き絶望する娘。たしかに彼女の境遇は源氏物語のそれに似ていたが、紫の上よりはるかに大人びていた娘の心には、既に相愛の恋人がいたのだ。

院と呼ばれる主は、皇統が二つに分かれる因ともなった持明院派の祖、後深草院。
後深草院の寵愛篤く、それゆえに、そのエゴイスティックで屈折した愛情に翻弄される人生を送ることになる娘の名は二条。
二条と院、彼女をめぐる多くの男性との奔放な愛欲に彩られた日々は、後年、中世女流文学の異色の書、「とはずがたり」として、世に残ることになる。

時代の覇権が武士の手に移って久しく、朝廷に生きる人々に、それを奪い返すほどの気概も力もなかった時代。実権を持たない彼らの鬱屈したエネルギーは、内へ内へと篭ってゆく。源氏物語の栄華の日々から既に300年が経とうとしていたが、彼らの精神文化や価値観は、いまだに、否、だからこそ、もののあわれをそのよすがとしていた。地に落ちた実が爛熟した香りを周囲に漂わせながら腐っていくように、栄華の残滓を苗床として咲いた仇花のような艶美な愛と官能の物語。

INTRODUCTION:
ロマンとエロスを併せ持つ、出版された作品のご紹介・・・・として、一番に思い浮かんだのがこの作品です。読んだのはもう随分昔。(10年くらい前じゃあないかと思います。)にも関わらず、その強烈な印象と衝撃は今でも覚えています。

出家前の作者は、一貫して「女の業」を描いてきた人でした。スキャンダルに彩られたその奔放な私生活も、またそれを赤裸々に書き綴った私小説のような作品も常に物議をかもしてきました。作者もその作品の評判も、過去のものとは言えあまりにも強烈過ぎて、ただでさえ私小説が苦手な私は、それら一連の作品を楽しめるとは思えず、とても読む気になれませんでした。但し、舞台を過去に移した歴史物は別です。我ながら現金だとは思うのですが、過去を舞台とする限り、作者がどのように生々しく女の業を描こうが、どのように自身を投影させようが、それはあくまでフィクション、一種のファンタジーとして楽しむことができるのです。数百年の時の流れは、強烈すぎる作者の個性をちょうどいい具合にオブラートにくるんでくれたようで、その世界は充分に魅力的でした。

しかし、正直に申しあげて、私は、この作品に登場するどのキャラにも、ほとんど好感を持てずにいます。ヒロインである二条にしろ、こういう流されキャラ、よろめきキャラにはとても共感などできません。二条のメインのお相手である院なども、はっきり言って、もう蹴飛ばしたくなるくらい嫌な男だと思います。そう感じる自分の感覚は、無粋ではあっても健全であり、現代に生きる女性としては一般的なものではないかと思います。(幸か不幸かヒロインに自分を投影できるような非凡な恋愛経験は私メにはございませんので。)しかし、それでも、この物語はおもしろいのです。

無垢であった二条が、院との肉体関係を持った後の、大人の女性としての開花。その官能的な艶やかさとしたたかさは眼を見張ります。紫の上と同じ様に自分を育てた男に体を奪われその寵を受けても、所詮二条はその男の傍近くで仕える女房の一人にしかすぎません。紫の上のように、他の男の目には決して触れぬようにと、たった一人の男に大切に守られる立場にはないのです。院の寵愛を受けた後も、その美貌と才知を多くの男たちに褒めそやされ、それを誇りとしながら御所での勤めを続ける二条。ある時は自ら進んで、ある時は魅力的な彼女への恋情抑えがたい男により強引に、またある時は院の命により泣く泣く、二条は男たちと関係をもっていきます。

そういう彼女を自堕落と決め付けるのは、この時代背景を思えばナンセンスでしかありませんが、あまりにも流されやすい二条は、初めて読んだ時も、決して好きになれなかったヒロインです。けれども、だからこそ彼女が、男性にとっては理想的な恋人、情人であったことが、年を重ねた今ならばわかります。美しく才があるというだけではなく、その心情性質がです。

強く求められれば拒めない。意に染まぬ関係でも、一度肌を許してしまえば、情がわいて相手を憎むことができず、その後も相手に引きずられてしまう。そんな二条の情が深くほだされやすい性質は、色事に慣れた宮廷の男たちの目には透けて見えたに違いありません。衰えた朝廷の退位した院とはいえ、その寵愛を受ける二条に並大抵の男は手出しができませんが、院を憚る必要のない力や情熱をもった好色な男たちにとっては、これほど口説きやすく落しやすい魅力的な女性はいなかったかもしれません。

肉体的な関係だけではありません。男の心の機微を読むのに長け、相手が聞きたくないと思ったことは口にせず、反論がある時は黙して聞き役に徹する。つれない仕打ちをされ、恨めしく思っても、面と向かって責めることはしない。奥ゆかしい彼女の態度に相手が罪悪感を持ち始めたところで、いじらしくその辛さを控えめに訴える。つまり、彼女は男性が苦手とする、頑なさやヒステリックさ嫉妬といった女の棘を内面に抱えてはいても、それをほとんど感じさせないのです。男性にとって、これほど居心地のいい女性もいないでしょう。

男の無理難題に対しても、涙を流して抗っても、最後にはその意に従ってしまう。院は彼女を他の男に抱かせるだけではなく、彼女に他の女性との仲立ちまでさせるのです。これだけ聞くとまるで二条は横暴な院の哀れな犠牲者のように思えますが、一概にそうとも言えないのです。唯々諾々と従うのではなく、あくまで自身の気持ちには反することを、他でもない院の命令であるからこそ諦めて許すのだということを、二条は院が不快に感じない程度に知らしめる事を忘れません。そこに二条の計算があったかどうかはわかりませんが、男のプライドをくすぐられた院が一層の優越感と満足感を抱いた事も、また彼女への執着の絆を強くさせたことも想像に難くなく、さりげなく責任転嫁するあたりも見事としか言えません。

女性の読者としては、二条のそんな態度こそが男たちを図に乗らせ、勘違いさせるのだと、読んでいて何度も、歯がゆい思いをするのですが、だからこそ物語は盛り上がってゆくのです。物語に引き込まれた読者は途中で止めることなどできないでしょう。ヒロインに好感を持とうが、持たなかろうが、彼女の波乱万丈な恋愛物語は文句なくおもしろいです。

情事の場面はもちろんですが、柔らかで艶美な文体で紡がれたこの物語は、全編に、悩ましく秘めやかな官能的な雰囲気が漂っています。それは終盤になり、二条が出家した後も続きます。

原典があり、それに忠実である部分もあれど、かなりの脚色を加えていること。また、出家以前の作者の私生活があまりにも醜聞にまみれていたこと。そして、作者自身が二条の人生をなぞるように俗世を離れて出家したこと。そうした要因は今も、この作品に対する評価を複雑にしています。しかし、どのように評価されようが、この物語が大人の女性のエロチシズムとロマンチシズムを充分に満足させてくれる物語であることだけは確かです。


中世炎上 (新潮文庫)
著 者:瀬戸内 晴美
出版社:新潮社
出版日:2000 ¥ 740

中世炎上 (1973年)
著 者:瀬戸内 晴美
出版社:朝日新聞社
出版日:1973 ¥ 893
                                         

Entry Top



Index

Menu

WELCOME!

Cocktail Break
since 2007. 11. 7

What's New?

2/14 雪、雪、雪
2/13 幻想譚 「Villea」
2/8 新館 更新致しました。 2/7 新館 更新致しました。
咲かない。」 & 「咲かない花
2/1 花の昊天 (はなのこうてん)
いつかは読みたい大長編第5弾
1/30 ハダカの万葉シリーズ
1/24 sandbag
いつかは読みたい大長編第4弾
1/23 銀のムテ人
いつかは読みたい大長編第3弾
1/16 天空の彼方
黒猫:右向き 11月~12月の更新はこちら

 ・ 12/25 華の誘惑再公開!
いつかは読みたい大長編第2弾
 ・ 12/22 ゆ り か
 ・ 12/14 魔女とコヨーテ
いつかは読みたい大長編第1弾
 ・ 12/8 佳 人 炎 舞
一周年感謝の連続更新ラスト
11/19 冬の人魚姫
11/18 七都ご紹介ページ高見澤繭さまの作品を展示させていただきました!
一周年の粗品その2
11/18 アンテナ設置!   
一周年感謝の連続更新6作目
11/15 青竹迷風
  11/13 リンク先追加  
一周年感謝の連続更新5作目
11/13 七都
一周年感謝の連続更新4作目
11/11 HALEM
一周年感謝の連日更新3日目
11/9 風車の節
一周年感謝の連日更新2日目
11/8 王の帰郷
一周年感謝の連日更新スタート
11/7 Shorty!~僕の彼女~
一周年の感謝企画
11/6 まずはこれ!

 過去の全更新履歴

        2013年05月 (1)
        2009年02月 (3)
        2009年01月 (4)
        2008年12月 (3)
        2008年11月 (7)
        2008年10月 (6)
        2008年09月 (10)
        2008年08月 (8)
        2008年07月 (4)
        2008年06月 (5)
        2008年05月 (7)
        2008年04月 (10)
        2008年03月 (9)
        2008年02月 (11)
        2008年01月 (7)
        2007年12月 (8)
        2007年11月 (35)
 

L I N K

菜の花オンライン小説を探すなら
オンライン小説の紹介サイト
菜の花恋愛小説 R18を探すなら

恋愛小説 R18含む
オリジナルオンライン恋愛小説検索サイト
 【恋愛遊牧民】 恋愛小説 R18など年齢制限のある
オンライン小説・コミックサイトの同盟リンク集
 【18禁恋愛私花集】 恋愛小説 R18など
ロマンス系オンライン小説の同盟
  【ロマンス小説同盟】 恋愛小説 R18など
年齢制限のあるオンライン小説検索サイト
 【ChaosParadaiseR18】 恋愛小説 R18含む
長編のオンライン恋愛小説の同盟
 【長編恋愛小説同盟】 恋愛小説 R18など年齢制限のある
オンライン小説の検索サイト 
【深愛サーチ】 恋愛小説 R18含む
オンライン恋愛小説の同盟
 【恋愛小説同盟】 恋愛小説 R18などを中心にした
同盟リンク集
 【らぶえっち同盟】 恋愛小説 R18含む
完結専門オンライン恋愛小説検索サイト
 【Honey Moon】 恋愛小説 R18など
『大人の乙女向け小説リンク集』
 【乙女の裏路地】 恋愛小説 R18などオリジナル
恋愛小説サイト専門検索
 【らぶ*びれっじ。】 恋愛小説 R18など女性向け
(ボーイズラブ含む)のR指定サイトのリンク集 
【萌エロ同盟!】 恋愛小説 R18含む
男女カップル創作関連サイトを集めた 
専門サーチエンジン 【BxG Lovers】 恋愛小説 R18含む
ロマンティック小説の作品集
 【ロマンティック小説主義。】

お世話になっているサイト様
菜の花オンライン小説感想トラックバック
 リンクバナー
菜の花その他オンライン小説情報

 オンライン小説情報リンク集
  オンライン小説情報リンク集の
書評・感想・紹介・推薦はコチラ書評・感想・紹介・推薦

 ON-IN
  ON-IN のオンライン小説
感想ブログ一覧ページはコチラ オンライン小説感想ブログ一覧

 裏・小説げったぁ!
  オンライン小説の更新情報を集めた
裏・小説げったぁ!~センデンゴン板~はコチラセンデンゴン板

 携帯小説を探すなら
  携帯小説情報リンク集はコチラ携帯小説情報リンク集

CONTACT

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら
お返事は折り返しメールで はーと

えんぴつ♪一言メッセージはこちらから~

Click募金

クリックで救える命がある。

あなたの1クリックに対して1円づつ、スポンサー企業が各種社会貢献活動に募金するシステムです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
お気に召したらぽちっと応援
よろしく御願い申しあげます。

Site Map

  •  Top ・・・・・・  ブログトップ
  •  About ・・・・  ご説明など
  •  I ndex ・・・・  もくじ
  •  Guide ・・・・  道しるべ
  •  Caution ・・  ご注意
  •  Attention ・ お願いなど
  •  Diary ・・・・ 楽屋裏
  •  Cafe ・・・・・  放課後のCafe
  •  List ・・・・・・  読了リスト
  •  Anttena ・・ 更新確認

CATEGORY

 NOVEL 現代
  ・冷たく熱い指さえも
  ・華の誘惑
  ・月の砂丘にふたり
  ・撞着する積木
  ・Gold Dream
  ・恋 火
  ・樹下の天使
  ・緋花の家
  ・御伽恋愛。
  ・飼い犬
  ・闇を見る眼・闇から見る眼
  ・月の光をつつむように・・・
  ・TOKYO SEAZONS
  ・last forever
  ・...この愛、1cm
  ・Sincerity
  ・ながい、ながい、初恋
  ・わがままマリー
  ・らしく。
  ・SALE
  ・先生
  ・彼が盗んだもの
  ・幻影金魚
  ・ニセモノシガレット
  ・例えば雨の降る頃に~迷走~
  ・Left Alone
  ・Shorty!~僕の彼女~
  ・青竹迷風
  ・冬の人魚姫
  ・sandbag
  ・ハダカの万葉シリーズ
     ・雪、雪、雪
    
 NOVEL ファンタジー
  ・サンザシの棘
  ・竜の婚姻
  ・月の花
  ・侯爵夫妻の事件帳
  ・玻璃の花籠
  ・月 光
  ・春の雪
  ・大皇女スューカ
  ・シーアとルーゼンのシリーズ
  ・エセ軍人物
  ・憎しみの檻
  ・月はくまなきを
  ・招魂の香
  ・水、流るる如く
  ・花鎮祭
  ・春宵花雨
  ・偽愛
  ・はじめての夜
  ・生存的なくちづけ
  ・スカーレット
  ・帝王に愛された女
  ・bloody rose
  ・一千一夜の姫君
  ・落陽記
  ・泉のラメイン
  ・葡萄の言い分
  ・幻想譚 「Kirill」
  ・白雪姫 他3編
  ・ダウリア~統領家の魔女~
  ・蛇巫女
  ・嵐の夜 散らぬ花
  ・白鳥の王子
  ・コリウス
  ・王の帰郷
  ・風車の節
  ・七都
  ・佳 人 炎 舞
  ・魔女とコヨーテ
  ・天空の彼方
  ・銀のムテ人
  ・花の昊天 (はなのこうてん)

Tag List

アイコン虫眼鏡 ジャンルやキーワードで探す
 

Search

 

Calender

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive
過去の全更新履歴

           2013年05月 (1)
           2009年02月 (3)
           2009年01月 (4)
           2008年12月 (3)
           2008年11月 (7)
           2008年10月 (6)
           2008年09月 (10)
           2008年08月 (8)
           2008年07月 (4)
           2008年06月 (5)
           2008年05月 (7)
           2008年04月 (10)
           2008年03月 (9)
           2008年02月 (11)
           2008年01月 (7)
           2007年12月 (8)
           2007年11月 (35)
 

QRコード

QR

All Tag

すべてのタグはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。